様々な関節炎に作用するN-アセチルグルコサミン&コンドロイチン


ひざを曲げた時に、脚に力を入れた時に、関節の部分がぴきっと痛むことはありませんか?
またちょっとした動きで関節に鈍痛がしたり、痛みを感じるのは関節炎かもしれません。
関節炎は病気ではなく、ある程度の年齢になると誰にでも起こりやすくなるものです。

 

関節の間には軟骨があり、この軟骨によって関節を柔軟に動かすことができるんです。
しかし軟骨の状態に問題があると、関節を動かした時に擦れあい炎症を起こしてしまうのです。
もし関節炎になってしまったら病院に行って診てもらうことも大切ですが、必要な栄養をしっかり補給することも大切です。

 

関節痛やひざの痛みに作用する成分が入った商品といえばN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンが代表的です。
N-アセチルグルコサミン&コンドロイチンに含まれている成分をざっと紹介していくと、
・N-アセチルグルコサミン…1000mg
・コンドロイチン…1000mg
・MSM (Opti MSM)…500mg
・バイオセルコラーゲン …500mg
8粒あたりにこんなにたくさんの成分が配合されているのです。

 

しかも原料や製造方法にこだわり、関節痛に直接作用しやすいのです。
粒が小さいため飲みやすく価格もお手頃。
ひざの痛みや腕や手の腱鞘炎など様々な悩みにパワーを発揮します。
日ごろ関節を酷使する方の関節痛予防としてもおすすめです。

 

 

今日はとってもショッキングなことを知ってしまいました_(┐「ε:)_ グルコサミンって今すごい人気じゃあないですかー。年齢とともにすり減っていく軟骨組織を再び生成させる効果があるとかいって..... わたしは基本的にサプリメントに。頼るのが嫌いなのですべての栄養素をがんばって食材から摂取するように心がけています'(*゚▽゚*)' だからグルコサミンも美味しく摂取するために焼き鳥の軟骨をたくさん食べるように心がけていたんです!! しかしなんということでしょうΣ(・□・;)食品に含まれているグルコサミンはなんと体内で全然吸収され無いらしいのです(>_<)!!

 

今日はネットで新たに塗るグルコサミンを購入してみましたー
今まではグルコサミンにサプリメントを飲んでいたのですが.... どうも一向に関節痛が改善する気配が感じられなかったのです。
そこでいろいろ調べてみたところ、グルコサミンサプリメントの場合、食べ合わせなどに注意しないとグルコサミンが体内でその効果を発揮できないということが分かったのです。でもいちいち食生活を見直すのもめんどうですよね(;^ω^)だからほかの解決法を探してみたところ塗るグルコサミンに行き着いたというわけなんです☆

 

コンドロイチン

 

マカを選ぶ時に気になる有機JAS

マカには、いろいろな種類があります。
色によって分けられており、ホワイト・ブラック・レッド・ブラウンなど、全部で14色あります。
色が濃いほど栄養価が高く、日本ではブラック・イエロー・パープルの物がよく使われています。
特に、ブラックは他の物よりアントシアニンやポリフェノールなどが多量に含まれているので、より集中力を上昇させる効用があるのですが、収穫量のうち3~5%くらいしか獲れないので、希少種といわれています。
また、レッドの物にはホルモンバランスを整えるという働きがあり、骨粗鬆症の予防や更年期障害の症状を軽減するなどの効果があります。
ただし、これらの主な産地はペルーであり、生の物を輸出することは現地政府によって禁じられています。
ですから、サプリなどで摂取するという形になります。
サプリは大きく二つに分けられ、乾かした物を粉末にしたタイプと、有効成分だけを取り出して加工したタイプがあります。
効果としては前者のほうが高めですが、中には質の悪い物もあるので注意が必要です。
基本的に、大手の物は値段は張るものの安全性は高いですが、大手以外は信用できないというわけではなく、「有機JAS認定」を受けていればまず安全といえます。

 

更新履歴